So-net無料ブログ作成
検索選択

12曲中の2 [音楽]


imagesCA0YP1EQ.jpg

シューベルト/ピアノ・ソナタ第4番イ短調D.537

第1楽章 アレグロ モデラート
第2楽章 アレグレット クアジ アンダンティーノ
第3楽章 アレグロ

 

YangSchubert.jpg   研究者が埃だらけの棚を事細かく整理し、引き出しを隅々までチェックしたのか、ご存じの通りシューベルトの作品にはちょっと異様な部分があって、膨大な未完成や断片、断章がひとつひとつ埃を払われて棚や引き出しに並べ直されている。
何故だろうと考えてみると、他の作曲家に比べて残されているわずかな断片に至るまで、そのまま捨て置くには忍びない未聴の歌があるからではないか。
ベートーヴェンにもブラームスにもそれら未完や音楽の欠片は存在するが、その多くはアイデアであって、それ自体価値が閉じている。
でもシューベルトの破片には例外なく、ほんのわずかでも歌がある。
それは彼の資質が楽器の響きではなく、歌声のような親和なところに向いていた結果であるような気がする。
彼のピアノソナタは現在21曲にドイチェ番号が与えられている。
しかしその中で未完成のまま放置されたものが9曲もある。
大体最初のD157からして未完なんだから、正直ゴミ箱に捨ててあるのを断りも無しに棚に飾ったようなところがないわけではない。
作曲者にしてみたら大変失礼なことかも知れないけれど、廃鉱の中から一粒のダイヤモンドを探すような楽しみがある。
で、この第4番はどうかというとこれはもう、完成品である。
19歳の時に作曲された第3番から20歳の第4、第5番と完成品が続くが、1817年同じ年に創られた第6番は未完である。ポリフォニーは旋律の交差からひとつの響きを構成して行くけれど、シューベルトの旋律は歌声のようにモノフォニックなところにアイデアがあり、頭に浮かんだ旋律は多層からなる音構造の結果ではなくて、自分のもっとも音化したかったメロディそのものではないか。
単独の器楽、ピアノを扱うとき、彼は閃いた歌のもっとも素敵な部分をまず創る。
そこに至る道を緻密に辿り、自分がもっとも聴かせたい場所に行きつくのではなく、核心から入ってゆく。
そこを上手く書けたらもう全体の完成に興味がなくなるのか、はたまた上手く有機的な組み上げができないで放棄するのか、ボクにはわからんけれども、そんな気がする。
この第4番のように最初から創り上げてゆく場合、彼の作品は構築の要素はとてもベートーヴェン的である。
そして力のあるピアニストはそこで頻繁に行われる転調に合わせ、古典的な響きの中からシューベルトの生きた時代のロマンティシズムを表出する。響きにはすっきりとした古典主義的な透明感がある。
この第1楽章にはとても魅了されてしまった。
シューベルトの旺盛な意欲が感じられ、後年の作品と劣るところはない。というより、基本的にスタイルは同じなんですね。
彼が持っている歌心はずっと変化しなかったのでしょうね。
様々なピアニストが弾いていますが、ボクはケンプから入って今ミケランジェリの録音でほぼ満足しています。
1981年のルガーノでの演奏ですから7月頃でしょうね。
これがライブ演奏かという完成度です。クラシック・スタイルの典型です。
第2楽章は彼の歌の楽章です。この時彼はこの旋律をほぼ満足する形で完成していて、イメージと響きのズレがなかったのでしょうね、同じ素材をD959の最後で再製しています。
D959(第20番)との関連性とか言うのはよくわかりません。
歌はその中心にあり、ずっと華やかで、構築的に姿を変えています。年月の重みと表現力の熟達が幾層もの音構造を生んでゆきます。
ただ、第4番の歌はこれはこれですっきりと纏まっています。なんていうか、同じ素材ですが、ここでは素直な微笑みが聞こえます。第4楽章は両手のユニゾンが短調なのにアポロ的に響き、決然としているけれど、やはり、技術より先に心が顕れる肉声のような不安定さがあります。
単調に弾かれると、音だけしか聞こえなくなる音楽です。

ミケランジェリで第1楽章と思ったのですが、見つけられませぬ。第2楽章を




Arturo Benedetti Michelangeli Plays Various Composers

Arturo Benedetti Michelangeli Plays Various Composers

  • アーティスト: Mozart,Brahms,Beethoven,Debussy,Chopin,Grieg,Schumann,Respighi,Scarlatti,Schubert,Liszt,VA,VA
  • 出版社/メーカー: Membran
  • 発売日: 2007/04/17
  • メディア: CD(録音状態の悪いものもありますが、もう1セットと合わせても安い!)


シューベルト:ピアノソナタ第13番 第4番

シューベルト:ピアノソナタ第13番 第4番

  • アーティスト: 内田光子,シューベルト
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2009/08/05
  • メディア: CD
シューベルト : ピアノ・ソナタ全集

シューベルト : ピアノ・ソナタ全集

  • アーティスト: シフ(アンドラーシュ),シューベルト
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1995/08/25
  • メディア: CD





9743423.gif
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(47)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 47

コメント 4

PopLife

大方そんなものでしょう?ではまた、
ありがとうございました。
by PopLife (2012-10-29 07:01) 

SU-SAN

ぼくの好きなジャズの昔のミュージシャンも
レコードに収録されなかったテイクが
発掘されて元円盤にプラスされて売られる
傾向があり、ミュージシャンにしてみれば
ゴミ箱から引き揚げて展示されてるようなもので、
お墓の中からどんな気持ちで見てるのかな、と
フト考えてしまいました^^。
by SU-SAN (2012-10-29 09:04) 

Miche

ドイツリートの大家らしく、破片に歌がある・・って感じ・・・わかります・・・
by Miche (2012-10-29 23:14) 

フサヲ

6分15秒あたりからの1フレーズがカッコ良かったです (^ ^ )゛
by フサヲ (2012-10-30 17:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0