So-net無料ブログ作成

暑い季節のベートーヴェン [音楽]

暑熱は36度を超え、せっかくの休みに拘わらず、仕事を持って帰り、遅く起きた朝、風が吹いているような音にうながされ、窓を開け放って風を入れようとしたら、雨が降っている出はないか。土地柄暑いのには馴れてると思ったけれど、ちょっと付いていけないなあ。

St4.jpg

70px-Beethoven_3.jpg

そんな状態で残った書類を眺めながらインナーを耳に詰め込んだ。
沢山の類型を聴くとある時期に典型を聴きたくなる。
ラズモフスキーを手に取りる。アルバンベルクSQ。
妻とまだ二人だった頃、フランスで旦那さんの(ヤン・フォス)版画が欲しくて叔母の家に行ったとき、彼のアトリエに響いていたカセットデッキの演奏が素晴らしくて、当時まだ初期の6曲しか聴いたことのなかった彼らがライブで演奏したテープだった。
まだ、中期の録音に手を付けていなかったのかも知れない。
バリリSQやスメタナSQ、旧ジュリアードの演奏で馴染んでいたけれど、ラサールSQほど先鋭ではなく、スメタナほど角が取れてもいない。ボクの持っている音を聴くときの間(息づかいのような感覚)となーんかしっくり来る。

ラズモフスキー第1番(弦楽四重奏曲第7番ヘ長調op.59-1)

ロシアのラズモフスキー伯爵に請われて作曲した3曲の最初の曲。
当時の感覚からはハイドンやモーツァルトの傍系という理解であったのかも知れないが、できあがった代物はとんでもない音楽である。
とにかく後期の形式ではなく、音楽の極めて個人的な深みが普遍へ昇華するそのための容れ物に過ぎなくなった楽章形式とはまだ隔たりがあるものの福徳円満さはどこにもない。
そして歌いきるまでが長い。400小節を超える第一楽章なんかそれだけで一曲の作品である。
全ての楽章がソナタ形式。
うーん。
理解されたかはちと疑問である。





第1楽章 アレグロ 何とも恰幅が豊か。
第2ヴァイオリンと中低音楽器(ヴィオラ)のフォーマットにのってチェロが主題を呈示する。このチェロソナタのような広々と両手を広げた音楽の腕の中に主題を受け継ぐヴァイオリンが抱かれ、ゆっくりと円を描きながら歌う。
ここが好きですねえ。
展開部ではかなりの力業が音楽の存在感を示す。
後期のように音達が心に直接仕えているような霊感はないけれど、構成された音構造がそれにふさわしい器の中に確信的に盛られている。 このままあの特殊な内省の世界に入り込んでゆかなくても、ベートーヴェンはやはり孤高の巨人になりえた。
鏤められた旋律は歌いしなやかに流れる。
後のシンフォニーよりも遙かにシンフォニック。

この長大な第1楽章に4つの楽器の表現が目一杯詰め込まれている。
そして冒頭の主題からは馴れる展開部では無垢の生木から削りだしたようなフガート。

第2楽章 アレグロ ヴィヴァーチェ エ センプレ スケルツァンド簡単ではないにしろ、長くなるので簡単に書いているけれど、第2楽章のスケルツァンドは今でこそボクらはブルックナーを通過している耳を持っているのであり、当時非難囂々だったこの音の跳躍から、息づく音達の歓喜と哀切を聴く。

第3楽章 アダージオ モルト エ メスト-アタッカ





ヘ短調の美しいアダージオ。
緩徐楽章には古典の響きの中に晩年の魂の昇華に至るような音楽の流れの片鱗が少しはあるけれど、行きつくところは精緻な抒情的な歌。
それにしてもよくこんな旋律が頭に浮かぶものだ。
主題がチェロに移ったときの美しさは、暖かく幅広く、深い。
ラズモフスキーに敬意を表した最終楽章のロシア民謡のテーマまでは第1ヴァイオリンのカデンツァからアタッカで切れ目無く繋がる。

こういう聴き方はどうかと思うむきもあるだろうが、ボクはまず、第3楽章を聴いた。
そして第1楽章のスケールを改めて聴き直し、今は第2楽章が大好きなのです。
第4楽章 テーマ ルッセ、アレグロ
第4楽章は…うん。ロシア民謡です。はい。
YouTubeでは色々楽しめるけれど、東京クワルテットの演奏があった。磯村和英(ヴィオラ)と池田菊衛(二代目の第2ヴァイオリン)が今年の6月に引退したのを機に、残ったビーヴァー(第1ヴァイオリン)とチェロのスミスは新たにメンバーを募らず、この素晴らしいSQの歴史に幕を引いた。



ベートーヴェン:「ラズモフスキー」四重奏曲集(2CD) [Import] (STRING QUARTETS RAZUMOVSKY OP 59 1-3)

ベートーヴェン:「ラズモフスキー」四重奏曲集(2CD) [Import] (STRING QUARTETS RAZUMOVSKY OP 59 1-3)

  • アーティスト: Ludwig van Beethoven,Tokyo Quartet
  • 出版社/メーカー: Harmonia Mundi Fr.
  • 発売日: 2005/11/07
  • メディア: CD
String Quartets Op.59/1-3 'razumovsky'

String Quartets Op.59/1-3 'razumovsky'

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Praga Czech Rep.
  • 発売日: 2000/02/08
  • メディア: CD

String Quartets Op 74 & Op 59 Razumovsky

String Quartets Op 74 & Op 59 Razumovsky

  • アーティスト: Ludwig van Beethoven,Turner Quartet
  • 出版社/メーカー: Harmonia Mundi Fr.
  • 発売日: 2001/12/11
  • メディア: CD
ベートーヴェン : 弦楽四重奏曲第7番ヘ長調 「ラズモフスキー第1番」

ベートーヴェン : 弦楽四重奏曲第7番ヘ長調 「ラズモフスキー第1番」

  • アーティスト: アルバン・ベルク四重奏団,ベートーヴェン
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1998/04/29
  • メディア: CD

ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」

ハイドン:弦楽四重奏曲第77番「皇帝」/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」

  • アーティスト: ウィーン弦楽四重奏団
  • 出版社/メーカー: カメラータ・トウキョウ
  • 発売日: 2012/10/25
  • メディア: CD


9743423.gif
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(68)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Blogの中の猫たち-155 [Blogの中の猫]

ぼへ猫通信


Noran01.jpg

のらんさんちののらん君


看板猫が最後になってた。
この方はご自分の家にいる猫よりも、公園を中心にした野良さん達の写真を多く紹介してくれている。
そのまま紹介していると魅力的なノラさんの達の記録にアナログの暖かさが通う心根が見えてこちらの心が凄く安らぐ。
niceもコメントもジジイはあまり得意ではないが、ゆったりとした音楽を聴きながらぼーっとこのブログの写真を眺めていることがよくある。
訪れたという痕跡は残さないけれど、このブログとglennmieさんのMUSETTEは更新がなくても何度もお邪魔して古い記事を読んだり聴いたりする。
ところで、この「のらん」という多分♂ネコ君は牛柄のスタンダードな柄行で、とても似ている猫さんをいくつかのブログでよく見る。

Noran02.jpg



でも、よく見ると似ているようでこののらん君はちょっとバランスが違うようだ。
写真をモチーフに処理するときは一番特徴的な部分がそのまま残るんだろうけれど、あいにくジジイのはハンド・ドローが基本なので、自分の目が類型を沢山見てしまうと、描く対象をそのバランスで処理してしまう。
同じようなパーツだけれど、のらん君は少しずつ色が厚めで、耳の間から鼻隆までの黒の領域が大きい。
鼻の色に地肌が写り込んでいてkontentenさんちのエルと空楽さんちの「そら」特徴を重ねたような感じだ。
黒目が多いとすごく人工的な顔つきになる。
何度も描いたけれど、どうもデッサンから外れてくるんだよこの大将は。
てなわけで、何とかかんとか仕上げたのかこれ。


Noran03.jpg

毎日ほんとに暑い。

 

音楽は シベリウス ロ長調のアンダンティーノJS44

 

1分少しの音楽だけれど、涼やかで、生きている。この頃の彼は貧乏で家にはピアノが無く、
テーブルに向かって小品を作り、日々の暮らしを立てていた。
心が俯いているそんな荒みは微塵もなく、溢れた透明な音楽からは、完全に透けて未来が見える。
nice!(70)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

出色の無名 [音楽]

ViolinCello.jpg

アントニ・ストルペ/チェロと弦楽四重奏曲のための『劇的情景』

Antoni_Stolpe.jpg  ユリウシュ・ザレンプツキと同じく夭折の作曲家であり、ピアニスト。
彼がミューズの元に雲の階を渡って還ったのはわずか21歳。
ポーランドがショパンを失って2年後に彼は生まれている。
彼が素晴らしいのは、ピアニストとしての天才によって生み出された作品だけではなく、シンフォニーから室内楽を経て器楽に至る絶対音楽を全てそのわずかな作曲活動の中で通り抜けていることである。
彼が必要とするアンサンブルは楽想を活かすために必要最小限度に構成されている。
この作品は劇的なストーリーを語るチェロに情景の描写と感情表現の起伏が弦楽四重奏曲の通奏低音をカバーするパートとしてのチェロに分けられ、実に精妙です。
もともとボクはこの人のピアノソナタが素晴らしいので、YouTubeで探したのだけれど、その間に様々なピアノ曲を聴くことができた。
で、その結果、
彼は室内楽でもピアノでもショパンほどのインターナショナルな結晶化した『詩』ではないけれど、食傷気味のボクの耳に実に新鮮で峻烈なロマンティシズムを与えてくれた。
まさに出色の無名である。ベルギーの生んだギョーム・ルクーという夭折の天才が内に収斂する抒情と内省の無数の襞に静清の抒情が宿ったものとはまた異なる。
社交性と劇性を見せながら彼の成長を見守り、目線を遙かに持ちたがる聴衆の夢を、死が問答無用で断ち切った傷跡があまりにも鮮烈である。
ジークフリート牧歌を例に牽くまでもなく、こういう音楽の作り方はワグナーに倣ったものかも知れないけれど、必要最小限のアンサンブルで縦横の構成をしっかり保ちながら形式的な楽器編成の中に楽想を詰めるのではなく、着想に必要なアンサンブルを想定した創作が、自由を獲得しつつ通俗的ロマンティシズムに陥ったまま浮上出来なくなる危険性はあるのだけれど、天才はそれを顧慮しない。10代の作品である。
気概が多少の甘さをねじ伏せる。
母国ポーランド以外ではほとんど無名の作曲家である。
ピアニストとしては楽旅もしたに違いない。
ぐだぐだ言っても始まらぬ。
いい音楽ですぞ。





CDの情報は貧弱。
カメラータから出ているストルペの全集のVol.1にピアノ六重奏曲や弦楽四重奏曲のための変奏曲と一緒に録音されている。日本ではおそらくタワーレコードでしか手に入らない。ピアノ曲であればamazonでも何とかなるけどね。YouTubeのものもボクの手持ちと同じソース。でも、最近こういったやり方の公開はYouTube側でほとんど削除される。聴くなら今だね。






9743423.gif
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(50)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アーノルド・バックス [音楽]

  ViolinCello.jpg

 

 

 

 

■ 世紀が巡っても、音楽が実験的で学究的な作曲家の野心から離れたとき、例え現代に生きた作曲家であっても、その立っている足許はボクらとあまり変わらない。
同じ人間が本来持っている抒情への傾向がそこにある。
それは息をするのと同じようにボクらの中にあり、ボクらの歌にある。
このアーノルド・バックスという作曲家は彼の後に続くロマン的作曲家グランビル・バントック(どちらもナイトに叙されている。)と供にイギリスではエルガーやパリーを継ぐものである。
チェロという楽器が持つ低音の旋律特有の感情表現が乗りにくい抽象的な音色はロマンティックなピアノとのアンサンブルで独特の世界を作る。
ヴァイオリンのように飛翔出来ない小回りのききにくい音がそう聞かせるのだろうけれど、無伴奏ともなればその響きと旋律は、あっという間に数世紀を遡り、バッハの息づかいを蘇らせる。
それはあの偉大さに匹敵すると言っているのではない。
バッハから出発しても、結果的に振り返るとそんなに世紀を隔てた音楽ではないことを教えてくれる。
音楽は今も昔もない。
古典やバロックを感じる感性はボクらの中に純粋に受け継がれているし、そこから派生した様々な枝葉をボクらはより細かく聴ける時代に生きている。
現代音楽を許容するボク達個々の容れ物は異なる。
そこには音楽が持つ個々の感受性を飛躍させ、馴染ませる可能性は感じるけれど、臨場性や劇性を共有するところから来る分野を超えた感動、それがハードロックであれ、ポップスであれ、クラシックの分野であれ、ボクらが聴いてよかったとか、格好いいとか思う素朴な共有は少なくとも現代音楽からは未だに受け取れないでいる。
椿の小枝の切り口を見て『うーん、これは凄い』と直感するには、切った人に近い修練と天才を持った人にして直感出来るものである。
映画「オリバーツイスト」の音楽を手がけたアーノルド・バックスのある意味通俗的な旋律は彼でなくとも書けるだろうと思ってしまう。
でも、その音楽は正直初めて聴いたものだった。
『民話』と題されたこの作品は題材の持つローカリティをベースにその風景を印象主義的に音化している。
その風景の露出度の低さが、この音楽を新鮮に聴かせる。
バックスはヨーロッパの何処の風景とも異なるイギリスの風土に根ざしたイメージを音化している。
淡彩でありつつ深く噎ぶようなチェロの擦過音は楽器の持つ特性を太く質実に表出する。
何度聴いても何処かで切り取れる音楽ではなくて、語り始めたら終わりまで聴かなければならない年を経た自然の音を聴くようだ。


Bax.jpg

サー=アーノルド・バックス/チェロとピアノのための『民話』1918年

 

 

 






9743423.gif
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(48)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Blogの中の猫たち-154 [Blogの中の猫]

みいこのテケテケ散歩
大好きな絵手紙、愛猫との日常


Moja01.jpg


[晴れ]みいこ さんちのモジャさん[晴れ]

一見ラグドール。
そうなのかも知れないけれど、彼女?の右耳の先には外猫をお世話する方が、医療的処置を終えた猫に対して施すマークがある。
つまり耳の先が切り取られている。
ラグドールの外猫って…と思ったけれど、うちの近所にはブルー系の毛足の長い品性卑しからざるノラさんもいる。
アクアマリン系の瞳。
モフっぽく、長目の尻尾。
ややブルー系の微妙な色合いの頭部の柄行。
顎から胸にかけて大きく襟巻きをしたようなモフモフの体毛。
写真が小さいので瞳の中の空色に細かい亀裂の異様な模様が入っているのかよくわからないけれど、この堂々たる体躯と無精を見ていると、も、どうでもよくなるね。

Moja02.jpg


毛足が長くて緊密に生えている毛皮を纏っている猫さんはこの日本の気候には一生馴れえることはないのだろうね。
ただひたすら涼しいところを見つけてできるだけ体温の上昇を防ぐために心拍数を低く保つ。つまり、あれだ、ぐだぐだと寝るんだよね。
このポーズの元の写真の先には何がいるんだろう。
集中してみてるからちょっと舌先が覗いているのにも気づかない。

 

Moja03.jpg




音楽は北欧の作曲家セリム・パルムグレンの「星は瞬く」作品72の1
シベリウス、カスキ、このパルムグレン、これら同郷の作曲家には何とも似通った涼やかさがあります。
舘野泉さんのピアノで







9743423.gif
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(58)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽