So-net無料ブログ作成

Blogの中の猫たち-182 [Blogの中の猫]

ハリネズミんちののほほんな毎日
ハリネズミさんちのステラくん


Stera02.jpg


目を閉じた猫というのはとても描きにくい。
最も特徴的な目が一本の曲線で終わる。
よほど特徴的なシーンであれば何とか描こうと思う。
今まで描いたものは確か2つか3つほどしかないと思う。
このステラくんは久しぶりの眠り猫である。
いやさ、『目を閉じた猫』と書かなければ身も蓋もない。
印象的な写真から自分の書きたいものを取り出すのは核になる物があるのが手っ取り早いのだけど、
猫が目を閉じると、突然不思議や謎が眠ってしまう。
それでも、このステラくんのポーズは眠り以外の想像をさせてくれるポーズでした。
なんというか、勝手にこちらが想像を加える事が出来そうなというか。

Stera01.jpg



無垢な眠りとも思えるし、目を閉じたばかりで、頭のなかに瞼が落ちる直前まであったステラくんが抱えている
日々の鬱屈(んなものがあるかどうか知らんけど…)やまだやり足りないことがあるのかもしれない。
にもかかわらず、心ならずも睡魔に負ける(ちょうど、あの幼い子供が遊び疲れて食事中に寝てしまうような)微笑ましさを含めた諸々を影や光で描きこんでゆく気持ちを持たせてくれる。
絵を鑑賞するのは、基本的にそれが具象であれ抽象であれ、多分にその人の感性の投影であるけれど、描き手と同じ感性の位置で観ることは稀である。
ボクが普段仕事として承知している古生物の画像はその多くが骨格からの形成と想像と現存生物への収斂の読み取りである。
多分に身勝手な想像である面を提供しているけれど、猫絵はそれとは違った楽しみを与えてくれる。

ステラくん…何考えてるんかね。
降り注ぐ光が暖かいのか、重いのか…ほんとに

Stera03.jpg

音楽は海軍都督ジャン・クラの『親密な詩』から。
第4番『熟考』飾りなく心だけが指を伴って音化してるモンポウの世界とは違って、ここにはまだ人の体温の生々しさがあり、作者の眉間の皺が想像できる。
それでも、綺麗とか簡潔とかいう表現に対する感想ではなく、描こうとするものに渦巻いている作曲者の内面が明確に打ち込まれている。
こういう音楽は聴くのに比べて弾く楽しみはあまりないのではないか…




9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(68)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

あっつーい渋茶でレーガーを [音楽]

マックス・レーガー/ピアノ五重奏曲ハ短調 1898年 遺作

pf5.jpg

000000000021266-1.jpg

第1楽章 アジタート
第2楽章 インテルメッツォ:アンダンティーノ コン グラツィア
第3楽章 アダージオ コン ヴァリアツィオーニ.カンタービレ
第4楽章 プレスト(マ ノン タント-ァラ カプリース)


全23枚(だっけ?)のCDを購入し、いつでも聴ける態勢になった途端、なんとなく時間に押され、ぐずぐずと機会を延ばしていた
マックス・レーガーの室内楽全集だったけれど、まあ、考えてみれば(ちっとも考えてみたくなんかなかったけれど)ちょこちょこ気になる演奏はCDやテープのPCM録音で既聴してたわけで、
作品自体はほとんど聴いたことがあったことに気がついた。
老人性健忘症(アルツハイマーとは思いたくねえ)のなせる業だね。
ま、要するに衝動買いだったのだね。いつかの記事で書いた結論に間違いはなかった。
いや、自慢することはこれっぽっちもないね。

せっかく買ったんだからと、カタログにある作品をYouTubeで確認してから紹介することにした。
彼の弦楽四重奏とピアノのアンサンブルを採った五重奏曲は2曲あるが、よく演奏されるのはこの1898年の遺作のほうらしい。
第1楽章はかなり不機嫌なブラームス。
ちゃぶ台(んなものはなかったろうけど)をひっくり返しそうな勢いのアジタート。
どこかブラームスの第1シンフォニーや第1ピアノ協奏曲が聞こえてきそうな感じ。
とても渋いけれど、聴き込んでくるとやられそうな魅力はある。
彼のあまり多くないピアノ曲なんかを聴いているとご面相からは窺えないようなリリカルな一面も見え、それが重層的な弦楽の体位の中でシンフォニックな歌になって聞こえはじめると『こりゃ、凄いや』と素直に脱帽した。
ただ、ずっと思ってきたことだけど、彼の鍵盤楽器の弱音には自然に湧き上がるようなリリシズムがない。
完璧にコントロールされたパトスにすがり付いて這い上がってくる切なさが、ポイ…と投げ捨てられているようでいて、実はその音の重さ響きによってひずむ音空間のかすかな揺らぎまで書き込もうとしているかのように感じる。
重そうなんだけど、肌理があって聴くものに同化よりも客観性を強いる。
美しい音楽ではない。
だけど、美しさを求めずにすむ音楽です
第2楽章のピツィカートはシベリウスの少年期の無垢なリズムを思い出させた。
短いけれど、彼の感性が決して歌うことを捨てていないことを感じさせてくれる。
情景的な音楽である。
第3楽章はまさにレーガーの屈折した叙情がとても素直に歌になっている。変奏形式のやさしいドラマ。
渋ーいお茶でいただく虎屋かなんかの羊羹みたい。
いくつかの変奏が旋律の帯に当たる光をさまざまな濃さの色合いに染めてゆく。
単独で聴いてもあまり魅力的だとボクは思わないんだけど、才能にはちょっと鳥肌が立つ。
もっとピアノに切れがあればと感じてしまう。11分以上の音楽。長いけど、いろんな音楽が詰まっていて面白い。
第4楽章はこれだけ第1楽章から遠ざかってしまってどういう始末をつけるのかと、初めて聴いたときの記憶がまざまざと蘇った。
フーガの規則性を持ちつつ、気分的なうつろいが早く、ぼくのCDとおそらくは同じソースだろうけど、もう少し、各楽器の距離感が感じられる録音が出来ていればこの楽章が一番すばらしいと感じたかもしれない。

蒸し暑い時期にあまり聞きたいと思う音楽ではないが、聴けるということはもう直ぐ秋が来るのかも知れん。

Satz1 00.01
Satz2 12.28
Satz3 16.40
Satz4 27.58

T.T 34.59
 

icon
icon


 




9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(56)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

こころのお休み [音楽]

 orchestre.jpg

知らないうちにはまり込んでいた感覚の淵。
何かを探りに行くために大きく息を吸い込んで止める。
すべてを深遠に届くために研ぎ澄まし、息の続く限り潜ってゆく。
深遠の闇わだに鈍く光っている真珠に指が触れた瞬間に
息が続かなくなって心を残しながら水面を目指す。
そんな聴き方をすることが最近多くなっていたようだ。
ある日、
音学になりかけ、それを聴くためにすり減らした感覚が、ふと浮かんだ旋律で解ける。

振り返るとずいぶん遠くまで来すぎたのかなと…
そんな思いがよぎる。
ノスタルジックでセンチメンタルであることを全身から燐分のように撒き散らしながら
弦楽セレナーデが胸に染み入る。
何度も聴いた旋律が、そのたびに逓減する感覚のアンテナの本数を感じつつ、ついに何年も聴く事のなかった
音楽が乾ききった喉に染み込んでくるように耳に馴染む。
構えていた心が解ける。
モーツァルトで何度か味わった感覚が、思いもかけず、
この弦楽アンサンブルの第1曲目で蘇る。
何なんだろうね、音楽って。
作品から受けた印象を表現することに言葉を吟味して、それを読んだとき出来れば聴いたときと同じ感覚をとどめたいと思う。
そんなことが必要な音楽も、こんなあけっぴろげで人間臭い音楽も
同じ耳から等しく胸を衝く。

きれいです。

ドヴォルザーク/弦楽セレナードホ長調op.22

第1曲 モデラート
第2曲 テンポ ディ ヴァルス
第3曲 スケルツォ:ヴィヴァーチェ
第4曲 ラルゲット
第5曲 フィナーレ:アレグロ ヴィヴァーチェ 

Dvorak: Serenade for Strings, String Sextet

Dvorak: Serenade for Strings, String Sextet

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Membran
  • 発売日: 2003/03/25
  • メディア: CD


Serenade for Strings

Serenade for Strings

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Brilliant Classics
  • 発売日: 2006/04/04
  • メディア: CD


Dvorak Suk-Serenade for Strings-Grieg: Holberg Sui

Dvorak Suk-Serenade for Strings-Grieg: Holberg Sui

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Eloquence Australia
  • 発売日: 2010/03/16
  • メディア: CD

Dvorak:Serenade for Strings

Dvorak:Serenade for Strings

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Meridian
  • メディア: CD


Serenades for Strings

Serenades for Strings

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polygram Records
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD








9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(50)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Blogの中の猫たち-181 [Blogの中の猫]

鴨吉食堂
鴨吉さんちのかるちゃん

karu01.jpg


ヒマラヤン

顔の特徴というより、全体に醸しだされる大物の風格と物静かで温和な性格のギャップが可愛い。
お顔の中心のブルーがシャムの特徴を残しているが、体格はやはりペルシャ。

karu02.jpg



眼力があるのだけれど、生来のオットリがぜんたいからにじみだしていて、印象からくる可愛さとともに
内面のゆるさが見えて、なんとも愛くるしい。
福々しい生後間もない赤ん坊のイメージがボクにはある。
ずっと以前に書いた『お嬢と一緒に』のくるりんや、バロン君も同じようなイメージがある。
種に確固とした特徴があり、こういう取り合わせで新種を作り出すアメリカ人の影を全く感じさせない。
良い猫です。
鴨吉さんちには猫だけでなく、犬やらインコやら多くの動物が住んでいますが。
一度お訪ねになってはいかが。


karu03.jpg


音楽はマックス・レーガーの6つのピアノ小品作品24から第1曲「即興的なワルツ」を。
レーガーの作品は灰汁が強く、しかめっ面をしているものが多いのは確かですが、ピアノ曲にはドラマティックなものからリリカルなものまで幅広く、変奏曲の分野では非常に優れた仕事をしています。
弦楽三重奏曲やクラリネット5重奏曲にある晦渋はこういった作品には気配を感じさせない。
器用なんですね。厳めしい風貌からはちょっと意外だけれど、緻密さはやはり間違いなく彼の本性だね。

やはり血は赤い。ちょっと似てないかい?
いやさ、ヒマラヤンと…無理か

Piano Music

Piano Music

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Naxos
  • 発売日: 1995/08/01
  • メディア: CD







9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(51)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽