So-net無料ブログ作成
検索選択

煤と膠と香料と [音楽]

imagesCA0YP1EQ.jpg


ベートーヴェン/ピアノソナタ第32番ハ短調op..111

第1楽章 マエストーソ  アレグロ コン ブリオ エド アパッシオナート

第2楽章 アリエッタ .アダージオ モルト,センプリーチェ エ カンタービレ

何度聴いても掴みどころがなくて、水の底が見えてるはずなのに覗きこむと蒼く澄んだ水の底は息を止めていられる間にはとても届かない。
すべてが濃く粘着力のある煤のような、指先についたが最後容易に洗い流せない個性が到達した音化した情熱の最終形態。
その意志の濃さと有機的に結びつく精神の浄化。
極めて個人的で主観的な音楽の自由が白い和紙の上に墨痕として太く残ってゆくその筆跡は普遍的である。
第1楽章は作品57で閉じたはずの高度で技術的な攻撃性と荒々しさが太い筆致を残す。
ペンよりも先に頭で鳴っている音楽が突っ走りながらも、短いコーダには滲むように第2楽章を予感させてゆくあたりは、怜悧な設計を感じさせる。
どこに向かって収斂させるべきか、ハ短調からハ長調への道筋に明確さが見える。
第1楽章はこれに続く主題と5つの変奏が最も映える形で消えるように閉じる。
第2楽章は第1楽章で描いたコーダの残像が耳に残る間に滲むような波紋の中から揺れるように歌われて立ち上がる。
変奏の中にこれほどの深い内省が覗ける音楽はあまりない。
主題と変奏のバランスや技術的な処理などというものではない。
煤はもう燃え尽きた煤ではなく、膠で練固められた表現のための精神的な塊である。
そこから『フランツくん君はここにいるよ』とでも言っているような、つぶやくような厳しい叙情があったりする。
そして、何度聴いてもその歌の無比な高さの中に転調されて弾ける即興性を感じさせてやまない間奏。
短いがここだけ取り出せば、それは伝統音楽の中に不意に降りてきたラグタイムのようであり、驚くほど近くにジャズのイデオムが聴き取れないか。

ピアノ・ソナタという楷書から引き出された2楽章の行書。
煤と膠はそこに加えられた香気によって深い墨痕を心に残す。
様々に語られるベートーヴェンの姿はボクの中ではどうしても彼の後期の作品と結びつかない。
何度も繰り返して聴くほどに、ベートーヴェンという名はボクの耳から抜け落ちてゆく。
他にどんな聴き方をすればいいのだろう。

ふと気が付くと、もうこの作品を聴くような季節になったのだなあと思った。

様々な演奏があるけれど、現代の方から遡る演奏。少し墨が薄いけれどね。第2楽章を


 ブラームスもそろそろいいかなあと…思ったりする。

Beethoven: Piano Sonata No.32

Beethoven: Piano Sonata No.32

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Decca Special Imports
  • 発売日: 1999/05/24
  • メディア: CD

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集[4] 第21番《ワルトシュタイン》/第27番/第32番

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集[4] 第21番《ワルトシュタイン》/第27番/第32番

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2014/11/26
  • メディア: CD

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 Vol.7(第30~32番)(紙ジャケット仕様)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集 Vol.7(第30~32番)(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: グールド(グレン),ベートーヴェン
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2007/09/19
  • メディア: CD


ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111

ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111

  • アーティスト: グルダ(フリードリヒ),ベートーヴェン,シューマン
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1999/02/17
  • メディア: CD


ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番&第32番

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番&第32番

  • アーティスト: ポリーニ(マウリツィオ),ベートーヴェン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2002/10/09
  • メディア: CD













9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(50)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Blogの中の猫たち-184 [Blogの中の猫]


Akanya02.jpg





ネコのように生きる

  にゃんさんちの『アカニャ』


タイのバンコク在住の方らしい。
サブタイトルを見るとご本人は猫顔らしいのだが、ネコ顔ってどのへんのことを言うのかな。
まあ、飼い主さんのご尊顔は配したことないからなんともいえませぬ。
このスコティッシュは『アカニャ』君というそうです。
とても凛々しいスコさんです。

SHIMAさんという母猫はグレイが勝った縞猫さんで第2子が今回の『アカニャン』らしい。
おばあさんがミューというスコさんで生後23日辺りまで『アカニャン』くんの面倒を見てた?
うう…わからなくなった。
『チャニャ』は誰の4男か?スケッチしてるんだけど、どうも気になる。
そもそも、『アカニャン』は正式な名前なのか赤ちゃん猫のことだったりして、そうすると『チャニャ』と言うのは茶色いにゃんこという意味か?
まあ、とにかく、このスコにゃんは綺麗で素敵な眼の色をしています。

Akanya01.jpg

写真があまり大きくないので角があまりないスコさんはポイントをいくつも作れない。
ボクのやり方は古生物を骨格から描く方法の応用なのでなかなか丸顔のネコっていうのは描きにくいものです。
まあ、とりあえず、こんなものです。

Akanya03.jpg

体色は例によって写真の明度や彩度に影響されるので眼の色を中心に補正します。
今回は自然な色合いに彩色したら他の体毛の色が少し薄くなったかもしれない。


[るんるん] 音楽はヤナーチェクのピアノ曲 霧の中で JW Ⅷ/22

1912年に作曲されている。
彼のピアノ曲には民族色よりも練り上げられた洗練と古典の融合があり、上品な叙情性がある。
この作品は表題の状況が印象的なタッチで書き込まれているけれど、心理的な迷いや、動揺が自然の描写の形をとって描かれていて
作曲家としてのペンをどこで置くべきかこの頃から思いつめているような気もする。
組曲On the Overgrown Path 『草陰の小径にて』の描写音楽をもっと精神的なところまで掘り下げている。

美しくて不可思議。ネコみたい。
YouTubeでは4曲を2つのパートに分けている。前半に1・2曲が 後半に3・4曲目が入っている。

第1曲 アンダンテ
第2曲 モルト アダージォ



第3曲 アンダンティーノ
第4曲 プレスト










9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(53)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

キルトとラッキョウの花 [地方地域情報]

 exhibition.jpg

ボクの住む街で冬の寒さをはっきり感じたのは11月12日だった。
それでも山々の木々は余程の高山でなくては紅葉の気配はない。
金曜日に四万十市方面に行く予定があって、その途中の入野というところにある砂浜美術館に行った。
去年も行ったが今年ほど寒くはなかった。
砂浜美術館という美術館が建ってるわけではなくて、展示物が戸外に設定されるイベント名である。
有名なのは夏のTシャツアート展だろうか。
大方入野の白い砂浜におびただしいオリジナルのプリントが施されたTシャツが浜風にはためき壮観です。
その砂浜美術館。
今の時期はキルト展というのがあり、趣味人が制作したキルトが美術館の壁ではなく、松林に大小等間隔で展示されています。

2014111418170000.jpg



2014111414270000.jpg
2014111414270001.jpg



細い砂地の道の後ろには砂地に植えられたらっきょう畑が広がっており、11月初旬から薄紫色の花が満開でとてもきれいな(ハズ)なのです。
今年は残念ながら例年よりはるかに遅れて襲来した2つの台風のお陰で花期が不順でまばらな花が申し訳無さそうでした。


2014111418160000.jpg



それに当日の風の寒さ!
早々に退散しました。
14・15・16日の3日間だけの展示で終わるのですが、日曜日はまだ穏やかな陽射しがあったとのことでした。
でも、キルトは綺麗でした。
小さいものも畳一畳ほどの寸法のものも作者の集中と根気と熱意が自分の定めたテーマに一直線で気持ちがいい。
そりゃそうだよね。筆でぼかすことはできない。色はすべて布やイトの緻密で根気がいる自力の作業の上に成り立っている。
ジジイには到底出来ないやね。
ただ、ただ寒さに肩に力を入れたまま見とれてきた。

来年はもう少し暖かいといいのだけれど。

協力金として中学生校以上の観覧者は300円必要。これはこの浜辺の重要な環境のひとつである松林保全のための基金に当てられる。

パンフレット.jpg





9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(36)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

経年の結晶 [音楽]

Pf4.jpg

ブラームス/ピアノ四重奏曲第3番ハ短調op.60


000000000034573-1.jpg-------------Brahms01.jpg

第1楽章 アレグロ  マ ノントロッポ
第2楽章 スケルツォ: アレグロ
第3楽章 アンダンテ
第4楽章 フィナーレ:アレグロ コモド

ブラームスのピアノは独奏で聴く時とアンサンブルの中に入った時とではその役割を緻密に計算されているだけ渋くくすんだ音色が弦楽の醸す多彩に融和して全く別の魅力を発揮する。
この第3番のピアノ・クアルテットは元々第1番や第2番に先駆けて作曲された嬰ハ短調の作品を生来の慎重居士であったブラームスの性格が推敲の果てに作曲から20年を経て改定されて世に出たものだ。
初演はブラームスのピアノとヘルメスベルガー四重奏団のメンバーで行われており、そのメンバーの中では特に名を馳せたチェリスト、ダーヴィド・ポッパー(あんまり聴かれないけれど、ボクはこのチェリストの第2チェロ協奏曲がとても好きなのです。)のパートに非常に大きな役割を与えている。
特に第3楽章の幅の広い豊かな歌はそのチェロの歌なしには成り立たない。
ピアノの第一音から第1主題は上昇することなく、痛切で陰鬱。
死を悼む」調べのような弦楽のトリオにピアノのc音が重なる。
ここから体力勝負のようなパテティック主題が展開されたあと、ピアノの歌う歌にあわせて雲間から光が指すように細かく弾かれる弦楽のまとまりにはベートーヴェンの第7交響曲のリズムが記憶の頭をもたげる。
しかし畳みかけるピアノとアンサンブルの隙間は詰まっていてロマンティックな熱気は内圧を高めながら情熱は逃げ場のない密封状態で自ら焦げ付くまで高まる。
各主題をつなぐ4つの変奏がブラームスの堅牢なロマンティシズムを緩やかに冷却し穏やかに深呼吸をさせる。
聴きようによってはとても耐えられない痛みを伴った葬送の音楽のようにも聴こえる。
第2楽章のスケルツォはスラビックなダンス音楽の原型を保っていてステップやしなやかに回る体の流れをイメージさせる。
でも、それは第1楽章に不要な葬送のイメージを持ってしまうと、横たわる冷えきった青年の屍の周りで踊る死の舞のようにも聞こえてしまう。
要するにその暗さをたたえた音楽であることはロマンティックであることと同じレベルの物語性を持っている。
20年かかった完成までのきっかけと、きっかけから純粋な音楽的完成にこぎつけた時間の中に流れたものは明から暗までの朱夏から白秋までのブラームス自身の心の有り様を指しているのかもしれない。。
その第2楽章があってこその第3楽章のアンダンテ。
この音楽は素晴らしいよ。
ボクのチェロ好きが余計にそう思わせるのだろうけど、ホ長調の瞑想的なチェロの旋律はブラームスのチェロを扱った音楽で白眉だね。
YouTubeの中で3楽章だけ観ることができる。
ゴーティエ・カピュソンの陶然たる表情が込めた感情がどのへんの空間にあるかわかるような気がしてつい見とれてしまった。
ヨーヨーマもこういった表情をするけれど、正直このアントニオ・バンデラスに貴腐ワインを飲ませたようなお兄さんの表情には勝てないね。
頭ははげちゃってるけど、ヴァオリンはサルバトーレ・アッカルドらしい。
ピアノはメナヘム・プレスラー。
この人はピアノトリオが長かった人でとても素晴らしい。
渋いアンサンブルが弱音になった時、軽々と底から浮き上がってくる音色が絶妙の呼吸ですね。
ヴィオラは…わかんないな。
でもアッカルドのパートに重なってくときの微妙な音色のやりとりは緻密で素晴らしい、チェロが音を聞きながらそこをヴィオラが抜けてくるコーダ近くの部分はほんとうに美しい。交響曲第1番のヴァイオリンと同じ手法ですね。
画像が見えるってことは以前ほど文章で音楽を聞かそうという力味がなくなったと自分では思うけど、余計な想像が羽ばたいてしょうがない。
えーと、そうそう第4楽章もエネルギッシュなんだけれどピアノのなんていうか弦楽器で言う無窮動的なリードに合わせてヴァイオリンが歌い上げながら高まってゆく時にピアノに現れてくる音形はベートーヴェンのいわゆる運命のリズム。
経過部で明確にそのリズムが総奏され、ブラームス特有の憂いのアレグロに加わるベートーヴェン的ベクトルが説得力の大半を占めています。
まるで合作のような…


それぞれの楽章が魅力的で複雑ですが、ここは出色のこの方たちの一期一会を

第2楽章 アンダンテ

ブラームス:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲第3番

ブラームス:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲第3番

  • アーティスト: ブラームス
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2013/06/05
  • メディア: CD

ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番、第2番、第3番

ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番、第2番、第3番

  • アーティスト: バリリ四重奏団,ブラームス,デムス(イェルク)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/12/19
  • メディア: CD


Brahms: Piano Quartet No. 3. Schumann: Piano Quart

Brahms: Piano Quartet No. 3. Schumann: Piano Quart

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Decca
  • 発売日: 2014/06/03
  • メディア: CD

ブラームス:ピアノ四重奏曲第1

ブラームス:ピアノ四重奏曲第1

  • アーティスト: ブラームス,ギレリス(エミール),アマデウス弦楽四重奏団員
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1996/10/02
  • メディア: CD






9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(45)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

音の音詩 [音楽]

いやあ、久しぶりに暇ができたんだけど、アップロードを失敗して一度削除してしまった。
先に下書き用にしとかないとダメなんだね。しばらくやらなかったらジジイの記憶力は恐竜並だな。[あせあせ(飛び散る汗)]リハビリ、リハビリ。


Violin.jpg
イザイ/詩曲 悲劇的詩曲 op.12


彼の代表的な作品はあまりにも高度な技術的ゆとりを必要とするが故に演奏される機会が極めて少ないが故に、イザイ自身の演奏を超えるものはいまだに聴いたことがない。
彼のバッハを強く意識した無伴奏はいくつか紹介したことがあるし、子守唄なんかも取り上げたことがある。
素直に凄いと思ったり、リリカルに感じたもの。
でも、この作品は、何度か紹介しようとして書きかけてはやめにしていた。
正直、「さあ、書こう」と思ってヘッドフォンで流しながらキーを叩こうとするたび聞き流していた部分に深い呼吸の闇に気づいたりして「ありゃ?」ってなもんで、このへんからと思っていた切り口がブレる。
で、「今度にしよう…」とか考えながらこの前も古代の巨大ナマケモノの骨格の形成に時間を割いていてすっかり忘れていた。
今聴き直しても、難物である。
それは難解であるということではない。
晦渋であるということでもないと思っている。
でも美しいかというとそうではない。
この作品は彼の中にある情熱を悲劇的なテーマに乗せてヴァイオリンの音色が醸す繊細な音詩の中に織り込んでゆく。
その作業が詩的な、例えば白紙に書かれたれた『涙』という文字の前後左右には見ることができないけれど、音の中には『涙』の前に滲んで広がるそれ以前の音の残り香と
『…だ』に続く歌の響きが流れる。
そこに演奏者のその部分に寄せる思い入れが様々な聴き手の好き嫌いに反映する。そういう要素もある。
『詩的な』という言葉には短い言葉の繋がりによって感じる形と言葉が抜けた後に残る表現の穴に流れ込む行間のニュアンスにある気品や香気を意識した意味が間違いなくある。
表現が消費する時間の長さがその詩的な時間であると。
擦過音による弦楽器は比較的容易なのかもしれない。(ぶん殴られるかなあ容易なんていうと。)
例えばギターなんかではどうか、弦にはメーカーによって弾いた時の音色や、豊麗な響きや、音の太さ細さがあるのはわかる。
その素の特徴と楽曲の特徴、音の間をそれぞれの楽曲にあった使い方をし、弾き方をするまだ先に解釈ってのがあるね。
これは特徴は違ってもすべての弦楽器にもあるし、楽器自体の個性にもある。
ボクはギターを弾く友達はいるけれど、自分自身はコードとアルペシオで伴奏するくらいしかできないので。
技術の高さと表現力の高さが未聴の高さで結びついた演奏を聞いたことがない。
とても可能性が広い楽器だけれど、ボクにはその一部分すら掘り下げる時間がない。ちょっと悔しいけどね。
話がいつもどうりそれた。
イザイのこの作品は
ロマンティックで情熱的なテーマを繰り返してゆく幻想曲形式を取る。
元々オーケストラとヴァイオリンのための作品なのでピアノの表現力はオケを凌駕する音域の中でとても気を使う色彩感覚をもってサポートする必要がある。
伴奏に終始するとこの曲の技術が鼻につく。
でも、このレベルの演奏は本当の楽曲の魅力を聴かせてくれる。
悲劇的というよりも、一度そういう思いをに飲み込んだ後の挽歌を聴いているように感じる。
セピア色に褪せた昔の手紙が端から炎をまとって捲れてゆく。
その炎の色は燃えているかどうか一見わからないほど紙の色に似ていてただ、文字を焦がしてゆく焦げ茶色の縞の広がりで燃えているのがわかる。
テーマはそんなイメージをボクに与える。

その手紙の内容はわからないけれど。


イザイ:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集 (Ysaye: Works for Violin & Orchestra)

イザイ:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集 (Ysaye: Works for Violin & Orchestra)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CPO (ヴァイオリンとピアノ版ではありませんが)
  • 発売日: 2006/04/01
  • メディア: CD









9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ【トレミー】人気ブログランキング

nice!(45)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽