So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

近所のお宿『どうぶつすどまり』 [地方地域情報]

近所の『どうぶつすどまり屋』さん
名前がはっきりしなかったけれど、”BOOK”『どうぶつすどまり』って書いてあった。

近所のお宿03.png
昼間気が付いて覗き込んだ時は、お店の方が外に出かけられている様子でした。
ポツポツと雨がこぼれてくる夕方、ちょっとお店の写真を撮らせてもらい中をのぞかせていただいた。
港に向かう十字路にある花屋の斜め前。
確かもと靴屋があった角の隣にあった。
角の奥にはJRの小さな駅から続く小道があり、小さな宿屋があるので、奥でその家と続いているのかもしれないなとも思った。
こむぎちゃんと言う宿の店長がケージの中で休憩していた。
表のガラス戸に描かれた絵はその店長様の似顔絵。
中には元気のいい小学生くらいの髪のお長い可愛い女の子がいて、そのお母さんだと思うけど宿のおかみさんがどうぞといって撮影を許してくれた。
ボクはてっきり『どうぶつすどまり』というガラス戸に書かれた文字からどこか短い旅行に行くために必要があってちょっとペットを預かってくれる場所なのだと思って尋ねたら、動物と一緒に泊まれる宿屋だった。
ペットOKという観光ホテルや宿屋は観光地に行くとちょいちょい見かけるが、こんな田舎町に自分の家から歩いて5分もかからない場所に、こんな場所があるなどとは思いもしなかった。
店長の写真はフラッシュが働いてよく撮れてないね。
さび猫でちょっと描いてみたくなるお顔でした。
「にゃあ」と柔らかい声であいさつされましたね。

近所のお宿02.png
近所のお宿01.png
  197.gif 音楽はフォーレ op.56 組曲『ドリー』全曲約15分程度  197.gif
 

  1.子守歌   2.ミ・ア・ウ(ニャーオ)  3.ドリーの庭 

  4.キティ・ワルツ  5.やさしさ    6.スペインの踊り








9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

nice!(23)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

Blogの中の猫たち-189 [Blogの中の猫]

Blogの中の猫たち-189


  [猫] 猫三匹 ベガ ルル ルナ (みんな女の子)


neko01.png
ベガ

neko02.png

ルル


neko03.png
ルナ


この猫たちはブログの中にいたわけではない。
実は職場に仕事にくる他の事業所の職員の飼いネコさんたちである。
こういう依頼は受けたことがないので、いつ描けるかわからないよと前置きして、もう、数か月前に写真のコピーを預かっていた。
しかし、こっちの尻に火が付いたというか、昨日かかりつけの病院の紹介状を持って、医大に行って股関節の治療について相談を、以前より骨の損傷が激しく、(多分に痛み止めの注射の射ち過ぎといわれた。)6か月待ちといわれていた手術が3か月待ちで行うということになった。
その際、3か月の間に骨の形状が変化すると手術のプランが変わるのであまり歩かないようにと言われた。(無理だ!)
そこで現在の職場では人員不足で他の職員の手前誠に言い出しにくいことながら定年を待たずして職を辞すことに心を決め、(願い書はすでに提出しているが)若干の猶予をもってお願いすることにしている。
この絵は引き受けた以上仕上げなければならないので、仕事の合間に少しずつ描いていたものを本日一気に仕上げた。
ところでボクはこの三匹の猫さんの名前をまだ知らない。
飼主の連絡も職場に来れば判るのだが、今のところ『猫三匹』とすることにした。
真ん中の猫さんはちょっと引っ込み思案ポイ目つきで遠慮がちに飼主を見上げている。
左の三毛は左のアメショーっぽい(胴体の模様が純血種ではないよう)のと同じく、しっかりと見上げている。実際にはもっと左右に広がって鎮座していたのだけど、下書きの段階で絵的にそれぞれの猫の距離を近づけた。




こんな感じ
neko3匹Brog.png


[るんるん]音楽は サー=ヒューバート・パリーのピアノ三重奏曲第3番ト長調の第2楽章
彼の3曲のピアノ三重奏曲は部分的なものが1番や2番ではYouTubeで聴けるのだけど、この第3番は出会わない。
そこで、手前味噌ながら自作の動画を載せた。
そのうち消されるだろうと思って自作の動画の音楽に拝借していたのだけど、まだ大丈夫みたい。
パリーといえば合唱曲エルサレムが有名でYouTubeでもよく見かける。
このイギリスの作曲家は僕の好きな交響曲作家の一人です。











9743423.gif
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ


nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

サルサ・デ・ラ・ルナ [音楽]

Violin.jpg


igudesuman.png アレクセイ・イグデスマンという音楽家



アレクセイ・イグデスマンは非常に才能あふれる音楽家であり、何度か紹介しているリチャード・ヒャンキ・ジューとのデュオによって、世界的な名声を博したエンターテイメントだけではなく、その演奏、指揮、作曲等で天才的手腕を発揮している。
ヴァイオリンの作品にはたくさんの佳品があり、ここで紹介しているのは彼の友人であるルーマニアのヴァイオリニスト、ルザンダ・パンフィリとのデュオ。
この女流ヴァイオリニストは同郷の作曲家であるジョルジュ・エネスクの第3番のソナタをはじめ様々な演奏を聴くことができる。
エネスクの第3番のヴァイオリンソナタは完ぺきな作曲家自身の演奏があり、伴奏者も同郷のディヌ・リパッティと文句のつけようのないものがあるんだけれど、若手の演奏家もたくさん挑戦していて頼もしい。
その彼女は自身のコンサートでもイグデスマンの曲を弾くのですが、ヴァイオリンの持つ表現力を音だけではなく演奏シーンによって作り上げるイグデスマンの才能をよく理解している。
以前にも書いたことがあるけれど、
昔の映画で、ダドリー・ムーア主演の映画『殺したいほど愛されて』の中で指揮者である主人公が妻(名スターシャ・キンスキー)の浮気相手と信じ込んだプレイボーイのヴァイオリニスト(アーマンド・アサンテ)とヴァイオリンで決闘するシーンがあるが、そこで使われたモンティのチャールダッシュを思い出したね。




YouTubeでは紹介したこの曲だけではなくていろいろなシチュエーションのものが楽しめる。



9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Blogの中の猫たち-188 [Blogの中の猫]

はちみつ01.png


野生の趣

復帰二匹目の猫。





この子の主も今はブログから遠ざかっているのかもしれない。

ボクの素描には「みかんとはちみつ」というタイトルが付いている。

彼が(オスだとして)「みかんか」なのか「はちみつ」なのか、果たして名前なのかもわからない。

でも、たとえ欠伸であっても、猫が口を開けるとき、どんな猫君猫ちゃんでもゴジラの鳴き声が似合うほど全身に野生のオーラが溢れる。

数瞬でそれは飼主のよく知る愛らしい猫ちゃんの顔に戻るけれど、鋭い犬歯は彼らがまとっているものを垣間見せる。

日の当たるいい陽気の中でうとうとしながらも、自分の方に向けられたカメラのレンズに向かって一声発したのに違いない。

「あっちいって!」




はちみつ03.png


昼寝の邪魔したのかな………








音楽は アレッサンドロ・マルチェッロのニ短調のオーボエ協奏曲第2楽章をバッハが左手だけで弾けるようにチェンバロのために編曲したもの。細かい装飾音を加え、片手だけのためにメロディーラインは1オクターブ下に移しています。力加減と繊細な歌心がまとまらないとせっかくの歌が流れないね。
演奏はグレン・グールド
誤解を恐れずに書くと、バッハの平均律やその他の組み物の楽曲はそれぞれ練習曲として彼自身の持っているリリシズムを枠の中に収めたうえで書かれていて、ボクはその巧緻と繊細と大胆の織り成す音楽のスケールに黙り込む。
半面、彼の音楽には当然感情が飛翔するものが多くあり、宗教的色彩を帯びるものにその多くが見られるのだけれど、小品には等身大のバッハが覗く。
この音楽はマルチェッロの音楽を編曲したものであるには違いがないが、その静謐と平穏がバッハが持っている資質に共鳴したのだと思う。
グールドはマルチェッロを弾いているのではなく、バッハを弾いているのだから。

9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

nice!(30)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

「Mozart Will Suevive 」by イグデスマン&ジョー [コメディー]

  2013年にウィーン・コンツェルトハウスでのコンサート・ショー
 ブログから離れていたものだから、彼らを見る機会もあまりなかった。
今回見た彼らのショーはあろうことかモーツアルトの母国でモーツアルトをベースにしたショーだった。
基本はグロリア・ゲイナーのI will Savive=恋のサバイバル。
もともと彼女はディスコミュージック(死語だね)分野でのスターで、数多くのヒット曲を持っている。
声の質がビートに乗っていて張りがあってマッシヴ。
今聞いてもあんまり古いと思わない。
その彼女の曲は彼らのショーではおなじみだけど、R.H.ジョーの無茶苦茶な泣き節で、聞いてるものが引くほどの怪演。
今回はその同じ曲をベースにしながら本場のクラシックファンを前に素晴らしく洗練された笑いに昇華している。
言葉はわからなくても、笑える。
ユーディ・メニューイン音楽学校の息のあった同門である彼らはそれぞれの分野の音楽をしっかりと踏まえていて、ぐらつかない足元から山ほど抱えた多芸を披露する。
モーツアルトの生まれた国でスタンディング・オーベーションを取る。
言葉も大事だけれど、笑いのツボはどこでも変わらないみたい。
「魔笛」っぽく、オペラティックなのが面白い。
ラップまでいくとは思わなかった。
ついでに原曲の方も紹介
結構いいでしょ。


 ブログ猫のスタンプ第3版ができました。

段々慣れてきて仕上げが早くなったのですが、小さい画像なのでそのままではなく、表情的にも背景の方も少しわかりやすく書き直したり、出来上がったら子供たちにプレゼントしてます。



9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Blogの中の猫たち-187 [Blogの中の猫]

pu-部分.png

”ぷー” 「ねこのこね」より


 何年かぶりに新しい画像をアップしました。

でもね、この間も書いたけれど、僕が休んでいる間に僕と同じように猫ブログ自体を休載した方も多くて、以前のデッサンが残っていてもその猫さんの消息もよくわからない。       

スマホや他のブログに表現媒体を変えた方もいる。 

でも、それと猫の可愛さや魅力には関係ない。 

まあ、ボツボツ行こか。

復帰第1作はそんな休載ブログの中で目にとまった2匹の猫の内の一匹がモデルさん。 

名前もわからないけれど、黒猫の「ちー」と「ぷー」という牛柄猫の二匹だったからこの猫さんは「ぷー」だね。  

平仮名っていいね。なんとなく、猫の滑らかさと飼い主さんのまあるい愛情が伝わってくる。  

ご飯の後なのか、なんか満ち足りた雰囲気があるシーンだと思うのだけど………


Brog on Cat2018-1.png




音楽の紹介もやっとこ。

 ボザのクラリネットのためのアリア

Bozza(ウジェーヌ・ボザ)Eugene(ユージン)のフランス読みかな。

彼はフランスの指揮者であり、作曲家、ヴァイオリン奏者でもあった。
20世紀の音楽家。印象主義的な系譜を引いているような旋律がクラリネットにあっている。
レジオンドヌール騎士章を受けた方ですが、生まれるのが遅すぎた感があり、一部吹奏楽なんかの小品が知られているだけですね。(僕が知らないのかな)
このアリアはいいね。
クラリネットは金管の中でも穏やかなフレーズに芳醇で滑らかな音色をもっているからちょっとささくれ立った心の中にするりと入り込む。
ヒステリックな感情の奔流はなくて、思いが頭のてっぺんから上には出ない。
奏者の息継ぎとキイのポンプ音、静謐に紡がれる歌の流れに傾ける耳が心に近くなる。






9743423.gif

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ


nice!(43)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

BWV988のアリアとLINE スタンプ [音楽]

J.S.バッハ ゴルトベルク変奏曲 BWV988のアリア小考

(2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏)1741年のバッハ自身の初版



imagesCA0YP1EQ.jpg


 いざ書こうとすると一時に言葉が溢れてきて収拾がつかない。
手近なところからぽつぽつ行こうかと思う。
休んでいる間に自分のブログのリンクのいくつかが乗っ取られたりいじられていたりしてちょっと驚いた。
アクセスランキングの名前だけは以前と変わらないのに、クリックするとアダルトブログに取って代わられているたり、とんでもないね。
そいつを削除したり、しばらくリンクにも触れてなかったものだから削らなくてもいいものまで削ってしまったり…
描きかけのままの猫さんの画像やいろいろ引き受けたままの飼いネコさんのデータを眺めていたが先に進まない。
あーだ、こーだぶつぶつ言いながら(年齢もあるのだねきっと。)それはそれ、
先のブログで触れました猫スタンプがようやく一つ出来上がりました。
” Lovely cats+1 in the blog ”がタイトルです。+1は時々描いたワンちゃんですね。
アイコンを作ってリンクを貼っときます。
描いた猫さん全部をアレンジすることができませんので選抜していますが、ご容赦ください。
あと第2集が審査中、第3集が製作中です。64歳の爺いの手習いですが、娘が使用してくれているようです。
音楽は最近バッハばかり聞いていて、以前は敬して遠ざけていたところがあったのですが、レコード時代から聞き込んだものがほとんどで、聞き直すたびにホントに自分の耳は何を聞いていたのかと呆れてしまうことも多いですねえ。
同じものを描いても、絵画のタッチも年を経るにつれ、変化するものですが、それを見る者の感性の若さや老いや、成熟やもろもろの要素と時間の重なりで、それぞれのとらえ方ができてくるように、音楽も同じように年令が聞かせる演奏と年齢が聞き取る作品の深さがあるようです。
僕はグールドが弾くバッハに見せられます。
しかし、グールドのバッハ、例えばBWV988のアリアを彼のテンポで口すさむことができません。
バッハがこれをテーマにしたとき口ずさみながら楽譜に書き入れたと思いたい。
どんなテンポで頭の中に響いていたのか。
大衆の耳に残る普遍は芸術によってさまざまな考察と全体的で意志的な演奏の中で役割を与えられる。
音楽が生まれた時の人の耳に届いたバッハの頭の中の響き。どんなだろうね。

マリア・ティーポの演奏は比較的口ずさむのが容易なテンポでした。
この変奏曲で大好きな30番と続けて最後に閉じるドアとなる冒頭のアリアが繰り返される。
大好きな30番の変奏とその最後のアリア(32, Aria da capo)を








nice!(45)  コメント(12) 
共通テーマ:音楽

LINE クリエイター登録を終わって [音楽]

最近LINEのスタンプをいろんな人から贈られる。 


main.png


そういう画像製作からかなり離れていたのでどの程度でできるものか知りたくなって新しいらしい絵を描くのも面倒だと思い、自作の画像でちょっとやってみた。

クリエイター登録をして手っ取り早くて手持ちの画像で作成、おやじらしい作品になったけれど、一応認証され、売れないだろうけど販売している。

娘たちからコメントにこういうのが欲しいとか、アドバイスが飛んでくる。

結構いくつか作ってみて、このスタンプ用のキャラとか作ってみたいね。

今申請している着せ替えの方では一つキャラ的に使えそうなものを作った。        

どうやって売るかというのは考えていなかったね。

僕は注文を受けて書いている方だからこういう能動的な細かい作業はやってなかった。

60を過ぎてもう一度自分の居場所でコツコツ再開の準備をしております。

手持ちの技術と発想で通用しなければそこからまたスタートできる。

ところで僕はブログを始めてブログの上に生き生きと遊んだり、ふんぞり返っている愛猫や外ネコさんたちをたくさん観察させていただいた。

100を超える画像を描き、古生物の本業から離れた仕事抜きのものだったし、これからも少しずつ続けていきたいのだけれど、皆さんの猫さんを書き溜めたものを何とか他のものに生かせないかと考えていて、ふとLINEのスタンプや着せ替えに利用できないかと考えました。

今、他の作品と並行して、それ絵にかかっております。

基本は自分の愛猫や愛犬の写真で作成するものとデジタルハンドドローではあまり変わりません。
ちょっと試してみようかと思っています。

できたら一度見てね。

ちなみに出来上がったらこんなふうでした。




いくつか改良すべきアイデアも浮かび、作ってみたいのですが、なかなか暇がないね。 


手書きの文字を次回は商用フリーのフォントに変更します。



作業中に聞いている曲
ヤナーチェク: 弦楽のための牧歌
昔からヤナーチェクの穏やかな音楽にはどこかにシンクロするところがあって
耳に触れた瞬間に感性に浸透して同化してゆく不思議な魅力があります。


nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

迎春 [音楽]


明けましておめでとうございます。

個人的には激動の2017年が去り、穏やかな一年を期待しておりますが、そうもゆかないんでしょうねえ。

まあ、ぼちぼちマイペースで、今のところ新しいことも年相応に試しながら進んでゆきます。




INU2018ソニア.png


よろしくお願いいたします。


新年ですので、シューマンの『春』のシンフォニーから第1楽章を



 

nice!(21)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

復活! できるかなぁ… [音楽]

imagesCA0YP1EQ.jpg
もう何年もブログを触ってなかった。お馴染みさんにも不義理をしたまま、時折こっそり訪問したりしてはいましたが。
休止したのにはいくつかの理由があったのだけれど、時は一方向に流れて元には戻らない。
いくつかの悲しい出来事があり、苦しみがあり、悩みをしょい込んだり、しばしの幸福感に浸ったりした。
で、もう僕は64歳になっていた。
文字の上では年齢はさほど気にしないが、流れて行った年月の間には長女の結婚があり、父の死があり、自分自身の体の不調(股関節の変形による痛みの連続)があり、あれがあり、これがあった。
解決のつかない問題も抱え、介護に明け暮れ、妻もまた自身の父親の病に我が家の母の介護を背負い、日々お互いにそれぞれの感受性をすり減らしてきた。
ようやく母を同じ市内の施設で受け入れてもらい、妻の父、私の義父の病も明るい兆しが見えてきた。
一人前にならぬ息子とぶれない生き方で、そろそろ疲弊した脛にかじりついたままの次女を引きずりながら、それでも前に進んでいる子供たちを遠くに見ながらよたよた歩いている。
ある日、バッハを聞いた。
カーオーディオではあまり聴かない類の曲だけれど、凝縮された数年の空白のいろんな隙間にそれはひっそりといくつかは大胆に感性を刺激してくれた。
もう一度ゆっくり始めようと思えるように気分が変わったのは、これを聞いた日の朝、今の仕事に退職願を出した時からかもしれない。
絵の仕事も投げていた。文章も錆びついた。
川の中にわずかな砂金の可能性を信じて冷たい水の中に両手を浸す気分だけれど、何か高揚するものがある。
少しずつブログの体裁を変え、次の仕事にも備えるきっかけを作り、少しずつ曲がった腰を伸ばしてゆこうと思う。
できるかわからないけれど、今度は後期高齢者になってもよたよた続けて行こうと思っている。
とりあえず、周りは変わってしまっただろうけど、元居た場所に釘とトンカチを持って立っていけるような気がしています。






様変わりしたYouTubeでその曲を見つけました。


 1908年に当時のソヴィエト連邦に生まれ、70年後の7月14日に没した。ユダヤ人敵視政策をとり続けた政治体制下で不遇のまま没した。でも、その柔らかで凛としたピアニズムには奪うことのできない心の高さがある。


 


マリア・グリンベルク


 J.Sバッハ/パルティータBWV990からサラバンドと変奏


nice!(22)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽